モンテッソーリについて


マリア・モンテッソーリ女史と"こどもの家"

マリア・モンテッソーリ(1870〜1952)
Maria Montessoriは、イタリアの生んだ最初の女医で精神医学者であり、又、偉大な教育者であります。彼女は適切な環境と援助が与えられるならば子どもは自ら成長する存在であることを発見し、世界の教育界に大きな影響を与えました。
“こどもの家(Casa dei Bambini)”は、1907年ローマで、モンテッソーリ女史により設立されました。
それから、90余年の間に世界各国にこの教育法が普及し、現在の教育学界、心理学界、精神医学界に於いても、その素晴らしさは再認識されています。
日本に於いても“こどもの家”は、全国におよそ700園くらいあり、その実績は教育界の注目を集めつつあります。



モンテッソーリ教育とは・・・・・

マリア・モンテッソーリが開発したこの教育は、こどもの発見に根ざしています。
幼いこどもの自発的活動を尊重し、整えられた環境のもとで、幼児期にのみ現れる特別な生命力「吸収する精神」に対応し、こどもがある能力を獲得しようとする時、それに関する感受性が著しく敏感に働く、敏感期に応えています。つまり、こどもの人格とその独立性を獲得するための援助なのです。





東京国際モンテッソーリ教師トレーニングセンター付属 聖アンナこどもの家 
〒194-0037  東京都町田市木曽西5−38−7 TEL 042-792-3825 FAX 042-794-9329